社会人になって運動する機会がなくなりました。健康を維持するためには運動が必要でウォーキングは手軽にできます。

ウォーキングの効能について

ウォーキングの効能について

ウォーキングの効能について 社会人になってから運動する機会がめっきり減りました。自動車による移動が多くなって、基本的に歩くことがなくなりました。年齢とともに、基礎代謝も落ちていきますので、体重だけは増えていく一方です。仕事の関係で東京に住んでいた頃は、車がありませんでしたし、電車通勤とはいえ結構歩いていました。地元に戻ってくるとまた歩く機会もなくなってしまいました。体重を減らすためには有酸素運動が有効で、一番手っ取り早くできるのがウォーキングです。職場でも昼休みに歩いたりしていましたが、忙しいときは時間が取れず歩けないときもあります。

通勤を歩きに変えるという手段もありますが、歩くには距離がありすぎますし、時間もかかります。最近は自転車通勤に切り替えていますが、それなりに運動になるとは思いますが、そこまで長時間の有酸素運動とはなりません。先日、子どもをサッカー教室に行った際に、ジョギングコースがありましたので、そこを歩いてみました。6キロほど歩きましたが、なかなかいい運動になりました。歩いていると、意外と仕事などのことを考えないですみますので、ストレス発散にもなります。週に1回くらいは、多少は歩いた方が健康によさそうです。